So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

土橋章宏の「引っ越し大名三千里」 [読書]

引っ越し大名三千里 (ハルキ文庫)

引っ越し大名三千里 (ハルキ文庫)

超高速! 参勤交代 (講談社文庫) 超高速!参勤交代 リターンズ (講談社文庫) で御馴染み、土橋先生の歴史モノ。松平直矩という実在の大名が山形姫路(以上、父親の代)→村上➔姫路➔日田➔山形➔白河という幾度も転封されたというお話。現在のサラリーマンでもここまではないという引っ越し履歴。土橋先生の作品だけに悲壮感はないものの、金策や減封に伴うリストラなど、さぞかし当時は厳しい状況だったことは想像に難くありません。それらの顛末を面白おかしくジェットコースターに乗っているがごとくのスピード感をもって一気に読ませます。

徳川綱吉の時代、敵は柳沢吉保。これも映画になるのかしらん。参勤交代シリーズに比べるとエンタテイメント性にはやや欠けますが、「無私の日本人」が原作の、 殿、利息でござる! [DVD] のような雰囲気を持った作品です。

天野純希の「燕雀の夢」 [読書]

燕雀の夢

燕雀の夢

歴史に名を遺した英傑たちの父親たちの話です。
上杉謙信の父、長尾為景
武田信玄の父、武田信虎
織田信長の父、織田信秀
伊達正宗の父、伊達輝宗
徳川家康の父、松平広忠
豊臣秀吉の父、木下弥右衛門
戦国から天下統一までの過程の中、いずれも地方の豪族にすぎなかった英傑たちの父。いずれも悲惨ともいえる最期を迎えた人たちでありながら、それぞれの子供たちが成長する何らかの下地を作ったということでしょうか?彼らがいなければ歴史は動かなかったわけで、そういう意味ではデカした!親父どの!という感じでしょうか。
戦国のクライマックスをすこしハスからみた感じで面白かった。お奨めの一冊です。

富樫倫太郎の「北条早雲-明鏡止水篇」 [読書]

北条早雲 - 明鏡止水篇

北条早雲 - 明鏡止水篇

北条早雲の一代記もいよいよ晩年に差し掛かってきました。本篇は、小田原城奪取、伊豆に次いで西相模を手中に収めたところまで。
本シリーズ最大の敵、足利茶々丸を倒したくだりが本篇における最大のクライマックスだと思いますが、その最後は実にあっけないというか、描写としては淡々と描かれてている感じ。茶々丸の悪行ぶりはその容姿の描写と相まって迫力があるものの、早雲(伊勢宗瑞)自身があっさりかわしていることもあり、後のくる悲劇についても他の小説家であれば相当激しい描写になるところが平易な記述に終始しており、盛り上がりに欠けた印象もあります。
まあ、少ない兵力で知恵と常識破りの発想から国盗りを進めていく宗端の行動はさわやかではあるものの、物語としての強弱はあってもよいかな?とは思いました。
さて、次回作がおそらく本シリーズの最終話になるのでしょうか?残る直接的な敵は三浦氏。三浦道寸とその息子荒次郎が相手。特に荒次郎は、ゲームキャラ的に想像するに相当強烈。
物語の最後を飾る相手としては良いのでは?楽しみです。

雫井脩介の「犯人に告ぐ2」 [読書]

犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼

犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼

テレビ化もされた「 犯人に告ぐ 」の続編。今回は振込詐欺グループが誘拐ビジネスを展開するというお話。ビジネスというところに意味があって、単純な身代金誘拐事件とは一線を画すというもの。
綿密な計画のもとで展開される誘拐ビジネスのスマートさには舌を巻きました。この本を参考に現実にこうした犯罪が起きないかと心配してしまいました。
もっとも一方の主人公である犯人グループの犯罪に関わるまでの心理、動機にいまいち納得がいかないというか浅い感じがしました。まあ 大した理由もなく犯罪に手を染める輩が多い中で、理由や背景を求めてもしょうがないのでしょうが、物足りなさを感じました。
天才的犯罪者「淡野くん」は依然野放し・・・まだまだこのシリーズ続きそうです。