So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

北沢秋の「ふたり天下」 [読書]

ふたり天下

ふたり天下

哄う合戦屋 奔る合戦屋 翔る合戦屋 の合戦屋3部作で歴史小説ファンを魅了した北沢秋先生の久々の歴史モノです。

合戦屋シリーズでは地方の武士の生き残りをかけた闘争の3部作でしたが、本作は結城秀康と黒田長政という実在の、かつ歴史的著名人を主人公に据えた作品。関ヶ原以後の不安定な政治情勢にあって、もう一度天下をかき回してみようとたくらんだ黒田長政と出生時より疎まれながらの人生をおくってきた秀康の天下取りの野望の顛末を描いています。

もしかしたらあったかもしれない、という歴史小説にありがちな(小説なのでOKだと思ってますが)ネタを膨らませた話ですが、長政のフィクサーぶりがやや過剰な感じ。むしろ秀康の方に比重があった方が深みが出たような印象を受けました。長政はやや姑息な印象がぬぐえなかった。

合戦屋シリーズの延長と考えれば立花宗茂にフォーカスを当てた方がよかったかも。彼に対してはいろいろな評価があろうかと思いますが、本作の流れでいけばまさに合戦屋。

彼を主人公にした北沢先生の著作に期待です。

nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 19

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。