So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

富樫倫太郎の「北条早雲-明鏡止水篇」 [読書]

北条早雲 - 明鏡止水篇

北条早雲 - 明鏡止水篇

  • 作者: 富樫倫太郎 著
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2017/04/19
  • メディア: 単行本
北条早雲の一代記もいよいよ晩年に差し掛かってきました。本篇は、小田原城奪取、伊豆に次いで西相模を手中に収めたところまで。
本シリーズ最大の敵、足利茶々丸を倒したくだりが本篇における最大のクライマックスだと思いますが、その最後は実にあっけないというか、描写としては淡々と描かれてている感じ。茶々丸の悪行ぶりはその容姿の描写と相まって迫力があるものの、早雲(伊勢宗瑞)自身があっさりかわしていることもあり、後のくる悲劇についても他の小説家であれば相当激しい描写になるところが平易な記述に終始しており、盛り上がりに欠けた印象もあります。
まあ、少ない兵力で知恵と常識破りの発想から国盗りを進めていく宗端の行動はさわやかではあるものの、物語としての強弱はあってもよいかな?とは思いました。
さて、次回作がおそらく本シリーズの最終話になるのでしょうか?残る直接的な敵は三浦氏。三浦道寸とその息子荒次郎が相手。特に荒次郎は、ゲームキャラ的に想像するに相当強烈。
物語の最後を飾る相手としては良いのでは?楽しみです。

nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0