So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

荻原浩の「僕たちの戦争」 [読書]

僕たちの戦争 新装版 (双葉文庫)

僕たちの戦争 新装版 (双葉文庫)

「戦争」を現実のものとして感じている日本人はほとんどいないのでしょう。北朝鮮のミサイルだったり、その抑止に自衛隊の艦船がアメリカの空母を護衛したり、いわゆる「共謀罪」法案の可決等、世の中がどんどんきな臭くなっているという見方もある一方で、平和を目いっぱい享受している日常がある。
世界各地では依然として戦争状態にある地域があって、テロもやむことはなく、むしろ以前より増加している。そんな状況から危機感を煽りテロや戦争を回避するという名目のもとでロクな議論もせずに(少なくとも国会ではそもそもまともな議論になっていないような気がしますが)いろんなことがまかり通っている感じがどうもいやな感じがします。
本書は現代の青年と終戦半年前の青年とが入れ替わり、それぞの時代を生きる、という話ですが、現代から過去にタイムスリップした青年の行動が、戦前の価値観によって大きく変化していくという状況は、いくら本心では別のことを思っていても行動において逆らえない社会、状況になっていくという、ある種、恐ろしいことが描かれています。
そんなことにならないように(手遅れにならないように)私たちは世の中の動きに敏感になっていく必要があるのではないでしょうか。物語は実に軽いトーンで書かれていますが、それぞれの時代に生きる立場になったとき、耐えられるのか?本書を読んでみてしみじみ思った次第です。

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。