So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

笹本稜平の「天空への回廊」 [読書]

天空への回廊 (光文社文庫)

天空への回廊 (光文社文庫)

  • 作者: 笹本 稜平
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2004/07/14
  • メディア: 文庫
 
 
 
 
 
私が読んだ本は9刷までいってました。ということは2004年の初版以降、随分と読まれている、買われている本ということになりますね。
スケールの大きさと海外の小説を思わせる構成等々、ホントよくできた作品、読ませる作品でした。山岳モノということもあり、専門用語が多く、場面によってはイメージできないこともありましたが、それぞれのキャラクター設定がしっかりしていて最後まで破綻することなく収束して良かった。
こんな小説を書ける人が日本人にもいるのですね。なんといってもキーキャラクターが最後まで生きていてハッピーだったことは良。ここまで読ませてこんな終わり方?とならなかったことで、読み手も報われた感じです。
面白かったです。他の作品も読んでみようかな。  

nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 25

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0